【5】経済の基本原則 5.経済原則D円安円高は米国次第

5-1.IMF(国際通貨基金)

サイトマップ【5】経済の基本原則サイトマップ

IMF(国際通貨基金)

 1946年創設。加盟29カ国。

 経済学者ケインズが、初代IMF(国際通貨基金)総裁に就任。

 目的は、為替相場の安定化。融資が必要な国にそれを行う。


IMF(国際通貨基金)の経済見通し(2008年12月15日サーベイオンラインより)

 主要先進国の経済見通しは、年率−0.25%。

 消費需要が落ち込む中、財政刺激策で、需要を下支えする必要あり。

 個人所得への現在は良いが、法人税・配当税・キャピタルゲイン税の減税は推奨しない。理由は効果が薄いから。

 多大なショックに見舞われた国を支援している。ウクライナ、ハンガリー、パキスタン、アイスランド。

 マラウイ共和国、キルギスタン共和国は、IMF(国際通貨基金)の融資プログラムESFの利用国。近いうちにアフリカの数カ国が支援を要請してくるであろう。

 IMF(国際通貨基金)への日本の1000億ドルの追加融資を歓迎する。


元のページ【5.経済原則D円安円高は米国次第

IMF(国際通貨基金) 南アフリカランド*

トップページ【初心者のFX外国為替証拠金取引】 相互リンク募集中【相互リンク

【5】経済の基本原則

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.