【5】経済の基本原則 3.経済原則B物価安=円高、物価高=円安

3-2.物価安(デフレ)

サイトマップ【5】経済の基本原則サイトマップ

物価安(デフレ)

 物価安になることをデフレーション、単にデフレといいます。

 物価安になる仕組みは、幾つかのパターンがあります。


需要と供給で物価安(デフレ)

 需要が減れば、値段を下げなければ買わないだろう、ということで、物価安(デフレ)になります。

 供給(物の量)が増えれば、欲しい物が手に入りやすくなりますね。「値段を安くしなければ買わないだろう」ということで物価安(デフレ)になります。

 需要はお金の量とも関係してきます。

 日銀がお金を刷らなければ、お金の量が減ります。
 お金が減れば、銀行が貸し出せるお金が減ります。会社、個人のローンなど、世の中へ出回りにくくなります。

 社会全体のお金の量が減ります。

 会社は銀行からお金を借りないので仕事が減ります。
 仕事が減るので、社員の給料も上がりません。(下手すると減ります)

 個人の持つお金の量が減ります。使うお金が減るので、需要が減ってしまうわけです。


円高で物価安(デフレ)

 円高になると、輸入品の値段が下がります。

 外国ブランド品などの値段が下がります。
 そして、輸入している原材料の値段も下がります。

 日本は、資源と食料品は、輸入に頼っています。

 原材料が下がれば、製品の値段を下げる事ができます。
 海外の輸入品も下がり、日本各社も競争原理が働き、物価安(デフレ)になっていきます。


日本の物価安(デフレ)懸念

 日本は、10年も低金利政策を続けています。世の中にはお金が溢れています。

 いつ物価高(インフレ)が起こっても不思議ではありません。

 しかし、それどころか、デフレを起しています。

 2007年までの円安でも、デフレだったのです。

 不景気で、安くしなければ物が売れないからです。

 いわゆる「デフレスパイラル」に落ち込んでいます。

 インフレターゲットを設定して、わざとインフレにしようという議論まで起こりました。

 日本にはインフレは起きないという経済通もいます。


元のページ【3.経済原則B物価安=円高、物価高=円安



トップページ【初心者のFX外国為替証拠金取引】 相互リンク募集中【相互リンク

【5】経済の基本原則

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.