【5】経済の基本原則 > 1.経済原則@好景気=円高、不景気=円安

1-2.貿易黒字が増加すると円高

サイトマップ【5】経済の基本原則サイトマップ

■貿易黒字は不景気の時、増える

 貿易黒字は、不景気な時ほど、増える傾向があります。

 理由は、
  @自国企業は、国内で売れないので、海外で売る
  A海外の企業は、不景気な国への輸出を減らす
  B不景気なとき、為替は通貨安(日本なら円安)になる

 @Aの理由から、輸出額が増加し、輸入額が減少します。
 そのため、貿易黒字になりやすくなります。
 その上、Bのように、通貨安になる可能性が高く、そうなるとさらに、貿易黒字が増えることになります。

■円高になるのは、外貨を円に両替するから

 日本で考えてみましょう。

 貿易黒字の分、日本企業は外貨を保有しています。そのほとんどは、米ドルですが。

 それを、円に両替しなくてはなりません。
 社員に給料を払ったり、国内への設備投資をしたり、融資の返済をしたり、と国内で使うお金は「円」に替えなくはなりません。

 貿易黒字が増えるということは、円高になる要因を持つことになります。

 輸出企業が、日本経済へあたえる影響は大きいといわれています。
 日本は、好景気でも不景気でも、ほぼ毎年、貿易黒字を積み上げてきています。
 短期的に円安であろうと円高であろうと、貿易黒字を出し続けてきたわけです。

 しかし長期的に日本は「円高」で推移してきました。
 それは、貿易黒字が一要因となっていたといえなくもありません。



元のページ【1.経済原則@好景気=円高、不景気=円安


トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

【5】経済の基本原則

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.